おっさん 号泣 感動 シュミ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマおすすめ おっさんが離婚して号泣した

海外ドラマなどのエンターテイメント情報やニュースをおっさんが号泣しながら解説します

おっさんのバレンタインへの考察

バレンタイン&ホワイトデー

2/14 セイントバレンタインデー

www.morinaga.co.jp

おっさんには関係ないでしょ?って若者は思ってません? あるんですよ。それが。

ギリチョコって知ってます?

ご存知無い方に説明しますと、嬉しさという甘味が2割、面倒臭さという苦さが8割で構成された食べ物です。 なにが面倒?アマゾンで必死になって値段を特定して、少し上乗せ、或いは倍の値段の食べ物を探さないといけないというイベントなんですよ。

学生の頃は良かった。純粋にチョコを貰った貰えなかったで一喜一憂できた。しかし、今は何だ?面倒臭いシガラミばかりでオマケに3倍返しが当たり前でしょっと言わんばかりの風潮。実際には2倍くらい、プラス1000円くらいの返しが妥当なんですがね、本当に面倒。チョコのコマーシャルを見るたびにイラっときますよね。

しかし、男たるもの義理チョコでも頂ければ嬉しい物です。オレってモテてる?と勘違いする気持ちをグッと堪える日であります。 では、どういう感じでギリチョコを貰うのが正しいオッサンなんでしょうか?ダメシュミレートとグットシュミレートしました。

~~ダメシュミレート~~

パターン① 素っ気無い態度 (女子ムカツキ度80%)

女性「義理チョコですが、みんなからです~」

おっさん「あ、オレ甘い物食べないんだよ、一応貰っておくけど」

女子からすると「オメーだけに配ってネーヨ、全員分あるんだよ?」と怒りを買うこと間違いなし。決して言ってはいけません。

パターン② 素っ気無い感謝 (女子ムカツキ度65%)

女性「義理チョコですが、みんなからです~」

おっさん「お、わるいね~ こりゃお返しが大変だな、テヘヘ」

ありがちな対応ですが、皆様お気づきですか?このおっさんは言ってはいけない、決して口にしてはいけない一言を言いました。「お返し大変だな~」この一言に女子はムカつきます。まだ分からない方に詳しく時系列で説明しますと、この後、女子A「おっさんがお返し大変だって言ってたよ~ホワイトデー期待できるんじゃない?」、女子B「そうなんだ?去年なんだっけ?忘れちゃったけど何か良かったよね~」。という展開からの、女子A「お返しこれだって~」女子B「ありえないよね~」とここでムカツキ度65%に達します。ハイセンスなオッサン以外は気をつけましょう。

パターン③ ひたすら感謝 (女子ムカツキ度40%)

女性「義理チョコですが、みんなからです~」

おっさん「お、ありがとね~早速頂くよ、ありがたいですな~、テヘヘ」

これが一番無難な対応です。この後女子は巣窟へと帰還し、女子A「どうだった?」、女子B「あ、オッサン、喜んでたよ?」、女子C「毎年面倒だよね~」と流れて行きます。ただし、「子供が喜ぶよ~」とか、「嫁に食べられちゃうよ~」などの家族ネタは厳禁です。だって独身女性で彼氏いない方もいますから、要らぬ敵を作るより、「早速頂くよ~」と自分で食べる宣言しておきましょう。そして、無難を愛するオッサンはひたすら「ありがとう」を連呼しましょう。

~~グッドシュミレート~~

パターン① ひたすら喜ぶ (女子高感度60%)

女性「義理チョコですが、みんなからです~」

おっさん「あ、美味しそうだね!俺こういうの好きなんだよ?ありがとう!」

ひたすら喜ぶ対応です。この後女子は巣窟へと帰還し、女子A「どうだった?」、女子B「あ、オッサン、すごい喜んでたよ?」、女子C「男ってバカだよね~」と流れて行きます。無難を少し脱却したいオッサンには是非。ちょっと恥ずかしいなと思ったらビジネスの基本、名刺交換の極意を思い出しましょう。「とにかくチョコの形状、色、メーカーなど全てを褒めて喜べ」ですよ!

パターン② バレンタインの悪夢 (女子高感度70%)

実践には男前の顔とセンスが必要ですから我々普通のおっさんは使用注意です。

女性「義理チョコですが、みんなからです~」

おっさん「あ、美味しそうだね!ありがとう。お返し期待してね!」

この台詞を言ったらもう、後戻りはできません。女性の方はホワイトデーまで決して忘れる事はありません。言霊の呪いにより、女性全員の周知の事実となります。覚悟を決めましょう。しかし、この壁を超えると暫くの間、女性との人間関係が円滑に運ばれます。一発逆転のホームラン、ロスタイムからの逆転ゴールです。ひたすらアマゾンさんで検索し、試行錯誤とシュミレーションを繰り返しましょう。長い人生、たまには冒険もしたいオッサンにはお勧めです。一度は言ってみたい台詞ですね。